医院名:小松おなかとおしりのクリニック 広崎医院 住所:〒923-0947 石川県小松市日吉町51 電話番号:0761-22-0393

ワクチンのこと

インフルエンザワクチン

詳細はこちらをご覧下さい→インフルエンザワクチンについて

 

風しんワクチン

風しんの抗体検査を受けましょう!

平成25年の風しんの流行により、全国では14,300人以上の風しん患者と、30人以上の先天性風しん症候群患者が報告され、平成20年の全数把握調査の開始以降、最大の患者数となりました。

風しんワクチン石川県でも、平成25年は例年と比較し、風しん患者数が大幅に増加しました。

風しん患者の流行の中心は20~40代の成人であり、この世代は妊娠を希望する世代でもあります。抗体を持たない又は低い抗体価の妊娠中の女性が風しんにかかると、赤ちゃんが先天性風しん症候群(難聴や心疾患、白内障や緑内障などの障害)を起こす可能性があります。

先天性風しん症候群を予防するためには、予防接種などにより十分な抗体を獲得する必要があります。妊娠を希望する女性や、抗体価が低い妊婦の配偶者などは、一度抗体検査を受けてみて、抗体が十分にあるか、予防接種を受ける必要があるか確認しましょう。

検査の対象者

県内に居住する方で以下に該当する者。

  • 妊娠を希望する女性
  • 妊娠を希望する女性配偶者などの同居者
  • 風しんの抗体価が低い妊婦の配偶者などの同居者

ただし、過去に風しんに係る抗体検査を受けた結果、十分な量の風しんの抗体があることが判明し、当該予防接種を行う必要がないと認められる方は除きます。

(上記は小松市のホームページより引用させていただきました。)

風しんの追加的対策について

2022年3月31日までの間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性(対象世代の男性)が風しんに係る定期の予防接種の対象者として追加されました。

上記は石川県のホームページより引用させていただきました。

『風疹ゼロ』を目指して

『“風疹ゼロ”プロジェクト』

“風疹ゼロ”プロジェクト2019年2月4日(2月4日は風疹の日!)に日本婦人科学会が
『“風疹ゼロ”プロジェクト』
を立ち上げました。

以下は2019年“風疹ゼロ”プロジェクト宣言!!からの抜粋です。

2月4日は“風疹の日” キャンペーン宣言
―『“風疹ゼロ”プロジェクト』― 皆で力を合わせて

30~50代の男性に強く訴えます!

あなたがかかった風疹が職場,家庭で妊婦に感染させる危険性を自覚してください。
(あなた方の世代に風疹患者が特に多く発症しています)

全国の事業体と一般の皆さんに強く訴えます!

風疹抗体検査、予防接種(MRワクチン)が、この世代に実施されるようただちに行動をとってください。

*わが国でまた風疹が流行しています!!

妊娠20週頃まで(主に妊娠初期)に風疹ウイルスに感染すると胎児が先天性風疹
症候群になるおそれが生じます。

*風疹が流行している地域への海外渡航は風疹ウイルスに感染するリスクがあります.
渡航の際は事前にMRワクチンを接種するなど万全の風疹予防対策をとってください.
また帰国後に発症して周囲に風疹を感染させることもあるので十分に注意してください.
―2019年2月“風疹ゼロ”プロジェクト―

風疹の追加的対策について(厚生労働省ホームページより抜粋)

2022年3月31日までの間に限り、抗体保有率が低い昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性に対し、予防接種法に基づく定期接種の対象とし、3年間、全国で原則無料で定期接種を実施。

ワクチンの効率的な活用のため、まずは抗体検査を受けていただくこととし、補正予算等により、全国で原則無料で実施。

tel.0761-22-0393 上部消化管内視鏡(胃カメラ)検査予約 下部消化管内視鏡(大腸カメラ)検査前外来予約
一番上に戻る
上部消化管内視鏡(胃カメラ)検査予約下部消化管内視鏡(大腸カメラ)検査前外来予約